大阪市北区社会福祉協議会

文字の大きさ

地域のつながりをつくりたい

様々な人や様々な活動をコーディネート住みよい地域づくり生活支援コーディネーター

生活支援体制整備事業について

生活支援体制整備事業とは、高齢者が住み慣れた街で、いきいきと健康に暮らし続けるための街づくりを進めるために生まれた新しい介護保険事業です。

高齢者も支える側に!
介護予防を勧めて、元気な高齢者を増やしていこう!
高齢者になっても長く働ける環境づくりを進めていこう

このような取り組みを進めるため、生活支援コーディネーターが事業担当者として配置されています。地域の皆さんと協力しながら、担い手(活動を支える人)と活動を利用したい人をつなぐ役割を担います。みなさんもぜひ、取り組みに参加してみませんか?いつでもお気軽にご相談ください。
生活支援体制整備事業チラシ

ただいま募集中

  • 地域の高齢者の居場所づくりをしたい人(地域の方、各事業所、企業等誰でもOk)
  • 空きスペースを活用してほしい人(大募集中)
  • 趣味や特技など、高齢者向けに活かしたり、ボランティア活動をしてみたい人

※大阪市の「生活支援体制整備事業」を平成29年11月より北区社会福祉協議会が受託し実施しています。

生活支援コーディネーターとは?

「創る(つくる)」「繋がる(つながる)」「助け合う(たすけあう)」

タグから探す

pagetop

Copytight © Kita-ku, Osaka-shi Allrights Reserved.