大阪市北区社会福祉協議会

文字の大きさ

介護と認知症の相談

自分らしい生活が出来るように取り組む介護と認知症の相談(北区地域包括支援センター・北区オレンジチーム・見守り相談室)

介護と認知症の相談について

高齢者・認知症の方が住み慣れた地域でその人らしい暮らしを続けていくために北区では介護や生活に関する相談に応じたり、地域のみなさまとともに高齢者、認知症を支える地域づくりを進めたりと様々なかたちで地域の方の生活を支える業務を致します。

3種類の事業内容について

  • 介護や福祉に関する
    総合窓口は

    北区地域包括
    支援センター

    北区地域包括支援センター

    介護予防ケアプランの作成、サービスを利用するためのお手伝いをしたりなど、地域のみなさまとともに高齢者を支える地域づくりを推進致します。

  • 認知症の早期発見
    早期対応を行う

    北区オレンジチーム

    北区オレンジチーム

    認知症の方と医療や介護サービスをつなぐよう支援します。

  • 誰もが安心に暮らせる
    地域づくり

    見守り相談室

    見守り相談室

    地域と行政が緊密に連携し、日頃からの見守り活動や住民間のつながりづくりを推進致します。

北区地域包括支援センター

北区地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護や生活に関する地域の総合相談窓口です。
地域包括支援センターには保健師や看護師、主任ケアマネジャー、社会福祉士などといった専門職がいます。介護予防ケアプランの作成やサービスを利用するためのお手伝いをしたり、介護や生活のことに関し地域のみなさまからの相談に応じたり、地域のみなさまとともに高齢者を支える地域づくりを進めるほか、成年後見や虐待防止などの高齢者の権利を守る取り組みなど、様々なかたちで地域の高齢者の生活を支えていきます。
地域包括支援センターは、地域包括ケアシステムの中核を担う機関として大阪市が委託した法人が公正・中立な立場で業務を行っています。

ご相談は、できるだけ身近な場所でお受けできるよう概ね中学校区に1か所の窓口を設置しています。

  • 相談は無料で秘密は厳守します。
  • 訪問や電話によるご相談もお受けしていますので、どうぞお気軽にご利用ください。

事業内容

介護や生活に関する相談窓口

介護や生活に関する相談をお受けするとともに、物事を判断する能力が十分でない方の生活や財産を守るため成年後見制度の活用を支援したり、消費者被害防止のために悪質な訪問販売に対する相談や助言を行っています。また高齢者虐待防止にも取り組んでいます。

様々な機関とのネットワークを作ります

区内のケアマネジャーやサービス事業者の連絡会への後方支援を行っています。また、認知症への理解を深めるため、講演会や介護教室などを開催しています。また、地域の関係者にも参加していただき地域ケア会議を開催し、関係機関や地域の方と連携をはかるとともに、ネットワークの構築に努めています。

介護予防の支援

介護保険で要支援の認定を受けた方に自立支援に向けたケアプランを作成します。
介護保険の認定を受けておられない方で、生活機能の低下が認められる方には、総合事業(訪問型・選択型通所サービス等)の利用等をご案内します。
(ケアプランの作成を居宅介護支援事業者に一部委託をする場合があります)

対象者

事業対象者
要支援1、2
地域包括支援センター
神山町15-11
要介護1~5 居宅介護支援事業所

北区オレンジチーム(認知症初期集中支援チーム)

北区オレンジチーム

認知症の早期発見・早期支援のため、医師・介護福祉の専門職で構成する認知症初期集中支援チームで、北区は北区地域包括支援センターに設置されています。北区全域の認知症の疑いがある方のご自宅を訪問し、一人ひとりに応じた適切な医療や介護サービスにつなげ、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう支援します。
北区オレンジチームには若年性認知症の方を支援する地域支援推進員も配置されています。
「もしかして認知症かな?」と感じた時や、どのように対応していいのかな?困った時は、まずご相談ください。

  • 医師や医療・介護の専門職のチームです。
  • 認知症の方に最長6カ月間を限度に集中的に関わり、医療や介護サービスにつなぐよう支援します。

対象者様

北区民の方々で、認知症状のある40歳以上の在宅生活をされている方で以下の要件の方々

  • 認知症疾患の診断を受けていない方
  • 継続的な医療サービスを受けていない方
  • 適切な介護保険サービスに結びついていない方
  • 診察されたが、介護サービスが中断している方
北区オレンジチームの図

北区オレンジチームのご相談の方は
以下の電話番号からお申込みください

6313-1911

見守り相談室

見守り相談室

北区では、誰もが安全安心に暮らせる地域社会の実現に向けた、地域における見守りのネットワークを強化するために、平成27年度から「地域における要援護者の見守りネットワーク強化事業」を実施しています。孤独死の防止や災害時の避難支援を視野に入れ、北区の見守りネットワークの構築を目指します。

事業内容

要援護者名簿に係る同意確認・名簿整備

行政情報をもとに、対象者へ同意書を発送します。本人の同意を確認し、要援護者情報を集約後名簿を作成し、地域での平時の見守り活動や災害時の避難支援の備えにつなげます。

孤立世帯への専門的対応

生活上のさまざまな課題を抱えている方や、地域の中で孤立している方、必要な福祉サービスへ繋がっていない方に対して、訪問等で粘り強く関わり、必要な支援や地域の見守りにつなげます。
年齢や障がいの有無にかかわらず、住民や関係機関よりご相談をお受けし対応致します。どこに相談していいのかわからない、生活のしづらさなど、福祉についてのお困りごとを、お気軽にご相談ください。

認知症高齢者等の行方不明時の早期発見

認知症などで自宅に帰れなくなった方を少しでも早く見つけるために、メール配信システムを使い、協力者へメール配信することで、早期発見や保護につなげる仕組みです。
警察と協力して、連携することにより、対象の高齢者をより適切な機関へ繋ぐように取り組んでいます。

タグから探す

pagetop

Copytight © Kita-ku, Osaka-shi Allrights Reserved.