大阪市北区社会福祉協議会

文字の大きさ

生活にお困りの方・相談相手がいない方の相談

生活の自立・安定へ向けたサポート生活にお困りの方・相談相手がいない方の相談(よりそいサポートきた・生活福祉資金貸付相談)

生活にお困りの方・相談相手がいない方の相談

さまざまな困難のなかで生活に困窮していたり、相談相手がいない方や低所得世帯や障がい者・高齢者世帯の経済的自立と生活の安定のためのご相談窓口です。

2種類の事業内容について

  • 生活に対し
    悩みを抱えている方は

    よりそいサポートきた

    仕事や生活の困りごとの解決に向けて相談支援員が一緒に考え、生活の自立・安定に向けてサポートします。

  • お金を
    借りたい方は

    生活福祉資金貸付相談

    低所得世帯や障がい者・高齢者世帯の経済的自立と生活の安定のためのご相談窓口です。
    緊急かつ一時的に生計の維持が困難になった場合に貸し付ける少額の貸付「緊急小口資金 」があります。

よりそいサポートきた

仕事や生活の困りごとの解決へ向けて相談支援員が一緒に考え、生活の自立・安定へ向けてサポートします。
事業内容をはじめ、必要に応じて関係機関と連携し、適切な支援を行います。

対象者様

  • 相談相手がいない方
  • 働きたいけど経験や自信がない方
  • 収入が不安定で家賃や生活費が不安の方
  • 家族が引きこもっており将来が心配な方
  • 借金が払えない方
  • 仕事が見つからない方
  • 社会に出るのが怖い方

※受給中の方は担当のケースワーカーにご相談ください。

場所:北区役所3階30番窓口 / 電話:06-6809-2814

場所:北区役所3階30番窓口
電話:06-6809-2814

事業内容

自立相談支援事業(相談支援)

支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かを一緒に考え、具体的なプランを作成し、よりそいながら自立に向けた支援を行います。

自立相談支援事業(就労支援)<総合就職サポート事業>

就労に関して不安や困難を抱えている方に、カウンセリング、ビジネススキルやコミュニケーション能力向上の支援、就職活動の支援、求人情報の提供、就職後の定着支援など、就労につなげるための支援を総合的に行います。

住居確保給付金

離職等により住居を失った方、または失う恐れがあり、常用就職(※1)に向けた意欲がある方を対象に、求職活動を誠実におこなうなどを条件に、一定期間、家賃の実費分(上限あり)を支給し、就職に向けた支援をおこないます。(※2)
※1:期間を定めない労働契約または期間の定めが6カ月以上の労働契約による就職
※2:年齢・資産・所得等の要件あり

家計改善支援事業

多重債務を抱えている等、家計管理に課題がある方に対して、家計支援プランを作成し、収支状況の改善に向けた支援を行います。

学習支援事業<子ども自立アシスト事業>

中学生がいる家庭に専門的知識を有する相談員を派遣し、高校進学などの進路決定や、家庭が抱える問題について、カウンセリングによる個別支援を行います。また、高校生世代(高校未就学者及び高校中退者)に再就学相談の支援を行います。

就労チャレンジ事業

様々な事情により、一般的な仕事をすることが難しい方や、なかなか仕事に結びつかない方に、専門の支援員による相談や軽作業、就労体験実習など、ご本人の状況に応じた段階的な支援をおこないます。また、すぐに一般の就労が難しい方には、支援付の就労・作業などの場(認定を受けた企業や事務所が行う就労訓練)を提供します。
※資産・所得の要件あり

一時生活支援事業

住居を持たない方、住居の状態が不安定な方に対して、一時的な宿泊場所や衣食を提供いたします。

相談支援の流れ

よりそいサポートきたに相談

お困りごと、心配ごとをお聞かせください。生活の状況を見つめながら一緒に課題を整理していきます。

一緒に支援プランを作成

課題を解決するためのプランを作成します。自立に向けた目標や取り組み内容を一緒に考え、さまざまな支援制度や支援機関の活用などを検討します。

自立・安定した生活をめざす取り組み

個別に応じて関係機関と連携しながら支援プランを実施し、自立・安定した生活を維持できるようサポートします。

詳細

日時 午前9時~午後5時半(平日のみ)
土日祝、年末年始休み
住所 北区役所3階30番窓口
北区扇町2-1-27

まずはお気軽にご相談ください
(予約優先)

06-6809-2814

生活福祉資金貸付相談

低所得世帯や障がい者・高齢者世帯の経済的自立と生活の安定のためのご相談窓口です。
「生活福祉資金貸付制度」は、公的な貸付制度が利用ができない低所得等の世帯に対し、資金の貸付と必要な相談・支援により、経済的自立と生活の安定を目指すことを目的としています。

貸付金の種類について

総合支援資金

失業や収入の減少により、世帯の生活の維持が困難となった低所得者の、生活の立て直しのための貸付資金です。

福祉資金

住宅の改修や障がい者用自動車の購入、療養・結婚・葬儀・引越の費用等、日常生活を維持する上で必要な経費のための貸付資金です。

教育支援資金

高校、大学、短大、専門学校への就学に際し、入学金・制服代等の入学に際し必要な費用と、授業料や通学定期代等の就学費用、また修学旅行の費用など就学に必要な費用のための貸付資金です。

不動産担保型生活資金

65歳以上の高齢者世帯に対し、今お住まいの居住用不動産を担保に、将来にわたりその住居に住み続けるための月々の生活費をお貸しするものです。

緊急小口資金

家賃滞納や公共料金の滞納により、日常生活に支障が生じる時や、初回の年金や初回給与の支給開始までの生活維持など、一時的に必要な貸付資金です。

詳細

日時 午前9時~午後5時半(平日のみ) 住所 北区役所3階30番窓口
北区扇町2-1-27

まずはお気軽にご相談ください
(予約優先)

06-6809-2814

タグから探す

pagetop

Copytight © Kita-ku, Osaka-shi Allrights Reserved.