大阪市北区社会福祉協議会

文字の大きさ

北区災害ボランティアセンター

ボランティアが災害の活躍につながる仕組みづくり北区災害ボランティアセンター

「北区災害ボランティア活動支援センター」の設置・運営

北区社会福祉協議会では北区役所と「北区災害ボランティア活動支援センター」設置運営の協定を取り交わしています。
平時より地域の方々と顔のみえる関係づくりを目指し、災害ボランティアに関する講座開催や災害時における訓練や啓発、災害ボランティア活動に必要な備品や資材の調達も行っています。

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
ボランティアの心得

ボランティア活動の心がまえ

  • あいさつや言葉遣いなど被災者とのコミュニケーションに留意いただき、被災者の立場に立った活動をお願いします。
  • 被災地での写真撮影はご遠慮ください。
  • 活動中はチームリーダーの指示に従って、チームワークを大切に活動してください。
  • 笑顔での活動を心がけてください。

ボランティア活動の服装

  • ケガ防止のため、長袖、長ズボンを着用してください。
  • 日射病、熱中症対策のため、帽子を着用してください。
  • 粉塵を吸いこまないようにするため、マスクを着用してください(立体型がオススメ)。
  • 長靴か安全靴を着用してください(長時間履いていると靴ずれ等を起こしやすいので、厚手の靴下をセットで用意しておくとベスト!また、釘対策のため鉄板の入った中敷きを入れるのがオススメ)。
  • 皮手袋または厚手で長めのゴム手袋を着用してください(中に軍手をすれば汗を吸ってくれます)。

持ち物

  • タオル
  • 雨具(上下別々のもの)
  • 上履き
  • 水分
  • 塩飴等の塩分を摂取できるもの
  • 昼食(1日作業をする場合。購入できるお店が近くにない場合もあります。)
  • その他、必要と思われるもの

タグから探す

pagetop

Copytight © Kita-ku, Osaka-shi Allrights Reserved.